新感覚アンサンブル Fevbre(フェイブル)

久保順フルート 井尻兼人チェロ 宮原慶太ピアノ 久保田邦夫ギター 水越裕二クラリネット

 

Fevbre (フェイブル)とは

 

 

 

 11歳からNYに在住し、ジュリアード音楽院学士号を取得した「久保順」。その後も多くの国内外コンクールに入賞し、その活動を幅広く踏襲してきた。2012年に日本に帰国し、現代音楽からジャズ等ジャンルを問わない活躍をNYの感性をも持ち合わせながら進めてきた。翌年2013年の夏、ライブ活動の一環としてピアニストを探していた。この時に出逢ったのが「宮原慶太」である。彼もまた高橋真梨子のコンサートマスターを務める一方で、「ソロCD」を制作するなど自身の活動を模索していた。二人はお互いの活動は知り得ていたものの、過去に正式に演奏を共にする事は無かった。しかしながらこの時、未知なる音楽ジャンル、新たな音楽シーンに挑戦する事の話題に共通点を見いだす事になる。早速それを実現に向けるべく都内スタジオにてリハーサルに突入。久保順は、新たにチェリストの「井尻兼人」を、宮原慶太はギタリストの「久保田邦夫」に

 

それぞれ声を掛け、自分達の音楽シーンを確立すべく遂行させていったのである。その真価を問う為に「Fevbre」として20144月にYAMAHA銀座コンサートサロンにてライブを行う事を決意。アレンジを修正しながらリハーサルを重ねるうちにクラリネット奏者の必要性を強く感じるようになり、ゲストとして水越裕二を迎えることになった。その直後、彼は正式メンバーに加わることになる。このライブでの来場者の反響は思った以上に大きく、グループとしての正式な活動を始動する確信を得たのである。 生楽器によるアンサンブルを重視しつつ、誰にとっても聞きやすく心地よい、それでいて感情に強く訴えかける、深みのある音楽。クラシックでも無くイージーリスニングでも無いワールドワイドな音楽性。「Fevbre」は宮原慶太と久保順の出逢いによって結成され、その音楽を形にすべく初のCD録音を敢行。その活動は今スタートしたばかりである。(20146月)

 

ホームページ:http://fevbrejapan.jimdo.com

 

Fevbre 1枚目アルバム

「 Tapisserie(タピスリ)」

 

久保順のフルートと宮原慶太の音楽が織りなす生楽器によるアンサンブル。誰にとっても聞きやすく心地よい、それでいて感情に強く訴えかける、深みのある音楽。クラシックでも無くイージーリスニングでも無いワールドワイドな音楽性。

 

10月4日発売 2000円(税込)

SCOOP Records より SCOOP-1005  全国店注文可能

 

 

2枚目アルバム

「 Tapisserie2(タピスリ2)」

 

 

 

 よりポップに、よりアグレッシブに、そしてもっとアンサンブルを、というテーマのもとに製作された二枚目のアルバム、オリジナル曲を増やし、各楽器の特徴やメンバーの個性までも追求した二枚目は聞き応えのある濃い作品になりました。一枚目から心地よさを得られるなら、こちらからは気持ちよい覚醒が得られるでしょう。

 

 

2015年8月28日発売 2000円 (税込)

SCOOP Records より SCOOP-1009  全国店注文可能

 

 

1. LUCE(ルーチェ)


2. More And More (モア・アンド・モア)

3. Owl Of Minerva (ミネルバの梟)


4. Pray For Fortune (聖なる祈り)


5. Taxi Driver (タクシー・ドライバー)

       (映画「タクシードライバー」より)

6. Firmament Walk (天空の散歩道)


7. Golden Stairs (黄金色の青空階段)


8. Poodle Socks(プードル・ソックス)


9. Waltz Medley (ワルツ・メドレー)

      (仮面舞踏会~花のワルツ~ショパン

     ハ短調~美しき青きドナウ)


10 .Shall We Dance(シャル・ウィ・ダンス)

       (映画「王様と私」より)


11 .Next Hope(ネクスト・ホープ) 12.Delightful Eyes(デライトフル・アイズ)

 

ご購入、お問い合わせはこちらから:ホワイトページ http://whitepage.jp 

                 TEL 03-5570-2803